« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年1月の3件の投稿

2011年1月13日 (木)

546: スプライス

N.E.R.D.研究室で
NERD科学者が誕生させた
新生命体DREN

現代のフランケンシュタイン

Nerd00

続きを読む "546: スプライス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

545: バーレスク

人の声は一種の楽器・・・最高heart

Burlesque2

続きを読む "545: バーレスク"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

539~544 備忘録

539: レナードの朝(1990 アメリカ)

オリヴァー・サックスの実話を基に、治療不能の難病に挑む医師の奮闘を、一人の重症患者との交流を軸に描いた感動のヒューマン・ドラマ。30年間昏睡状態 だった男レナードが、奇跡的に意識を回復した。セイヤー博士の治療が功を奏したのだ。博士はその治療を、他の患者にも適用してめざましい効果をあげるが・・・

*オリバー・サックスの著書を読んだログ 252 254-256

540: ある公爵夫人の生涯(2008 イギリス/イタリア/フランス)

故ダイアナ妃の祖先にあたるデヴォンシャー公爵夫人のスキャンダラスな実話を映画化。華やかな生活の裏で、夫の無関心や裏切りに苦しみながらも、自身の信念と愛を貫こうとしたジョージアナ・スペンサーの生涯を描く。

541: ニューヨークの恋人(2001 アメリカ)

1876年、ニューヨーク。そこは盛大な舞踏会の会場。レオポルドは本日の主役にも拘わらず浮かぬ表情。というのも、彼は今日花嫁を決めなければならない のだが、本当に愛する女性にめぐり逢っていないのだ。そんな彼は会場で怪しげな男を目にし、逃げ出したその男を追ってやって来たブルックリン・ブリッジから男とともに奈落の底へ・・・。そして現代のニューヨーク。広告会社で働くケイトはバリバリのキャリアウーマン。過去の苦い経験からいまや男を諦め仕事一 筋。そんなケイトの前に突然、クラシックな服を着て完壁な王立英語を話す不思議な男が現われた・・・

542: ファッションが教えてくれること(2009 アメリカ)

大ヒット作『プラダを着た悪魔』のモデルとも言われるアナ・ウィンターの実像に迫るドキュメンタリー。アメリカ女性の約10人に1人が読むアメリカ版「ヴォーグ」誌のカリスマ編集長として活躍し、ファッション業界に絶大な影響力を持つ彼女を追う。

543: ブラインドネス(2008 日本/ブラジル/カナダ)

ノーベル文学賞受賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説「白の闇」を映画化。視界が真っ白になる伝染病がまん延する状況下で、人間の本性や社会の恐怖をあぶり出していく。日本からは伊勢谷友介と木村佳乃が出演。

544: コッポラの胡蝶の夢(2007 アメリカ/ルーマニア)

巨匠フランシス・F・コッポラが、幻想文学の鬼才ミルチャ・エリアーデの原作「若さなき若さ」を映画化。人生をやり直す機会が与えられた老齢の言語学者が、切なくもまか不思議な魂の旅を繰り広げる。

続きを読む "539~544 備忘録"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »