« 603: J・エドガー | トップページ | 604 ドラゴン・タトゥーの女 »

2012年2月 7日 (火)

劇団四季『ウィキッド』

「オズの魔法使い」のエピソード0=『ウィキッド』

「オズの魔法使い」には
善と悪、対照的な二人の魔女が登場します。

『ウィキッド』は、
オズに災いを招く西の悪い魔女・エルファバを主人公とした物語。
なぜ、彼女は「悪い魔女」と呼ばれるようになってしまったのか?
正義とは、ひとつだけのものなのか?

W01

ミュージカル『ウィキッド』は、一昨年の『オペラ座の怪人』以来の四季劇団鑑賞になる。久しぶりなのもあって、すごく楽しみにしていた。

___________________________
何だろう、、、ちょっと主要人物の存在感が物足りなかった。とはいえ、感情移入もしたし、伸びる歌声には聞き惚れたけどね。

そして何より、舞台上の別世界にぐいぐい引き込んでいく視覚効果が素晴らしかった。登場と退場の方法、工夫を凝らした舞台セットによる奥行き表現と場面転換、そして今回は何といっても照明効果!、それらが相まって三次元の制約を感じさせない自由自在な空間を形成していた。衣装も凝っていて観に来た甲斐があった。私の場合そういったモノを一番楽しみにしているので、もう大満足だった。

W02

|

« 603: J・エドガー | トップページ | 604 ドラゴン・タトゥーの女 »

コメント

影絵風味で幻想的な舞台だったのだろうか♪よかったね!
楽しめて(◎´∀`)ノ

投稿: nonowan | 2012年2月 7日 (火) 21時23分

うん、よかったよ~。
楽しんでる自分を実感できて、
心身共に回復したんだなぁ~と思った。 ^^v

投稿: さくらスイッチ | 2012年2月 8日 (水) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/44004419

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季『ウィキッド』:

« 603: J・エドガー | トップページ | 604 ドラゴン・タトゥーの女 »