« 604 ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | 605 ビル・カニンガム&ニューヨーク »

2012年11月 6日 (火)

605 アルゴ

30年前、
決してどの映画会社からもゴーサインをもらう事はなかった映画『アルゴ』
30年たった今、
ベン・アフレックが『アルゴ』を監督・製作・主演

Argo01

Argo (2012/アメリカ/120分)
監督: ベン・アフレック
脚本: クリス・テリオ
製作: ジョージ・クルーニー グラント・ヘスロヴ ベン・アフレック
キャスト: ベン・アフレック ブライアン・クランストン クレア・デュヴァル ジョン・グッドマン マイケル・パークス テイラー・シリング カイル・チャンドラー

1980年、製作会社“スタジオ6”は新しい映画プロジェクトを大々的に発表した。宇宙船、異星人、アクション・アドベンチャー、そのすべてが遥か彼方の不毛な惑星で起こる……という、ヒット要素満載のSF映画だ。「宇宙戦争」というキャッチフレーズを付けられたその大作映画は、しかしながら、どの映画会社からもゴーサインをもらうことは決してなかった。 ゴーサインを出せるのは、アメリカの最高司令官、つまり大統領だけだったからだ。 そして30年以上たった今、ベン・アフレックが『アルゴ』を監督・製作・主演。79年に世界を震撼させたイランの首都テヘランのアメリカ大使館占拠事件を背景に、イランから出国できなくなったアメリカ人6人の極秘救出作戦という実際にあった出来事に基づく映画である。
   【IMDb】 8.4/10 19,127 users
   【YAHOO! MOVIES】 Yahoo! Users
★★★★  411ratings
   【YAHOO!JAPAN 映画】 
★★★★ 4.29点/174人
   【映画生活】 
★★★★☆   86点/47人

slate感想

町山智弘さんがTBSラジオ「たまむすび」で紹介したのを聞いて興味を持ち、公開後の評判も良いので、観に行ってきた。

さくらスイッチ 75点 (劇場鑑賞)

歴史背景の描写が少ないのに物足りなさを感じない分けではないが、その分スピード感が増してハラハラドキドキ緊張感たっぷりで、最後まで凄く面白かった。

slate色々から引用メモ

アントニオ・メンデス

1940年生まれ。CIAの偽装工作の元スペシャリスト。アルゴ作戦でスター勲章を受けるなど、25年のキャリアで数々の栄誉に輝いている。CIAの50周年記念に50人の卓越した局員に授与されたトレイルブレザー賞の受賞者でもある。現在は家族と共にメリーランド州在住。

CIAと協力関係にあった特殊メイク・アーティスト

メンデスは、実際にハリウッドに知り合いがいなければ、偽の映画作戦は思いつきもしなかったかもしれない。彼が知己を得ていたジョン・チェンバース(1923 - 2001)は、68年のオリジナル版『猿の惑星』のメイクアップでオスカー名誉賞に輝いた有名特殊メイク・アーティストだ。しかし、ハリウッドでの活躍とは別に、チェンバースは政府の諜報作戦にその技術を密かに提供してもいたのだ。

映画に登場する大物プロデューサーのレスター・シーゲルは実在しない。チェンバースの他は、ボブ・シデルという特殊メイクの同僚が協力していた。『アルゴ』の広告がでた当時、“二人の有名なハリウッド・メイクアップ・アーティスト ―1人はオスカーを受賞― がプロデューサーになった”とレポートされた。

*サルたちに施された特殊メイク(ジョン・チェンバース)の技術は当時のレベルからは飛び抜けて精巧なものだった。この影響によってアカデミーメイクアップ賞が設立された。

『アルゴ』はギリシア神話に登場する

メンデスはギリシア神話のアルゴー船を題材とした特撮映画『アルゴ探検隊の大冒険』からとって『アルゴ』とした。

Argo06

*バリー・ゲラーというプロデューサーが買い付けていた脚本化権・SF小説「光の王ロジャー・ゼラズニイ著が既にあった。その作品をメンデスが改題し、全面的な広告をうったり関係者パーティーを開いたりした後に、“1980年3月制作開始”の広告発表(右画像)を行なうという準備工作をした。1980年1月25日にメンデスはイラン入国した。

*ゲラーは『X-メン』などで有名な漫画家ジャック・カービーを雇ってコンセプト・ドローイングを描かせ、1979年11月には派手な制作発表もしていたが、資金が横領され制作中止になっていた。チェンバースはその映画の特殊メイクを請けていたので作品資料が手元にあった。

カナダ政府の協力

カナダ映画クルーのロケハンを装うための小道具:健康カード・運転免許証・カエデの葉ピン・トロントとモントリオールのレストランからの領収書・スタジオシックス名刺(6人を救出する事から命名された偽スタジオ)・撮影用レンズなどは、外交パウチ(外交文書を送る特殊な封印袋)でイランのカナダ大使館に送られ、それをメンデスが受け取った。

6人のパスポートはカナダ政府が用意した「本物の偽物」。カナダの法律はそのような改ざんを禁止しているが、同国議会は例外を作るために第二次世界大戦以来初の緊急秘密会を開いた。

*外交文書には機密文書も多く含まれることから、運搬業務に当たっては厳重に封印が施され "DIPLOMAT"(外交官)の文字が印刷された機内持ち込み可能な巾着袋「外交行嚢(外交パウチ)」を用いる。また、一般に外交特権の一種として、行嚢の中身に関しては税関などで確認を行われないことが認められている。

*スタジオシックスでは3つの電話回線を用意し、その内の1つをCIA専用回線にした。メンデスの名刺に印刷されたのはその専用回線の番号である。

カナダとハリウッド

・ほとんどのカナダ映画やテレビ番組は、北米市場をターゲットにしている。トロント、モントリオール、バンクーバーが製作の中心地となっている。特にバンクーバーは、ロサンゼルス(ハリウッド)に次いで北米で2番目に大きな映像作品の生産地である。

・1970年代、カナダの税制により、映画製作に対して減税措置が取られた。その結果、多くの映画が、単に税金対策のために製作され、作品の質は問われなかった。

・多くのカナダ映画では、アメリカ人やイギリス人俳優が主演となっている。この現象は1970年代に顕著で、現在ではあまり明らかではない。

カナダに流れるハリウッド産業

クリントン大統領によって機密扱い解除

簡単に情報が伝わる今日において、97年に当時のクリントン大統領によって機密扱いを解除されるまで、この作戦の全容が極秘のままだったことは不思議にさえ思える。さらに驚いたことには、アントニオ・メンデス本人が2000年に著書「The Master of Disguise(日本語訳版 アルゴ)」の中でこの事件を回想し、その後、ジョシュア・ベアマンが「WIRED(ワイアード)」誌の「How the CIA Used a Fake Sci-Fi Flick to Rescue Americans from Tehran」という記事で詳細に記したあとでさえ、ほとんどの人々は何があったのかを知らないままだった。

アメリカの状況、イランの状況、アメリカとイランの関係

モハンマド・レザー・パフラヴィー国王先代にして初代皇帝レザー・パフラヴィー) モハンマド・モサッデク首相 ルーホッラー・ホメイニー イラン革命 イランアメリカ大使館人質事件 イーグルクロー作戦 オクトーバーサプライズ アメリカ合衆国とイランの関係(79年以降、国交断絶)
イラン革命を起こしたアメリカ
イラン石油国有化後のCIAの策謀

そっくりに再現

モデレーター: 「こだわっているな」と思われたことがありそうですが、その点はいかがですか。

池上: 2005年にイランへ取材に行きましてね。特に、この人質事件があったアメリカ大使館がどうなっているのか、この目で見たくて。その時の記憶を基に映画を見たんですが、とても良くできているんです。アメリカ大使館の道路を挟んで反対側の街並みや、テヘランの街並みがそっくり。テヘランのバザールも雰囲気がよく出ています。

モデレーター: 私はCIA本部や国務省などが本物とそっくりで感心しました。例えば、古い電話や、書類が積まれた机が、まさに当時のCIAや国務省のままなんです。 ・・・全文を読む

★町山智弘 「アルゴ」 (2012.10.16 TBSラジオ「たまむすび」より

時代のリアリティをだすために70年代風に荒くした映像に仕上げている、、、他

詳しくて面白かったブログ

Amebaブログ:CinemaNavi21 「アルゴ」実話を多義的ドラマに高度変換させた監督の演出と脚本の技を解明・前編中編後編~新作評プレビュー

|

« 604 ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | 605 ビル・カニンガム&ニューヨーク »

コメント

国家が自国民を真剣に守ろうとする姿勢には感激。今の日本のことを振り返りつつ。。

投稿: nono1 | 2012年11月 7日 (水) 08時07分

イラン上空を抜け出したときの安堵感といったら!!!
メンデスの使命感は素晴らしかったよね。

拉致問題、進展しないよね。。。

投稿: さくらのスイッチ | 2012年11月 7日 (水) 21時15分

そうだね、結果はわかっているのにドキドキハラハラするよね!
現代史の記録、いろいろ教えてもらいました。^^

投稿: nono1 | 2012年11月 8日 (木) 07時46分

いやはや、アメリカとイランの関係なくしてこの映画の背景はなりたたない。はらはら、どきどきですか・・。

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2013年3月 9日 (土) 23時36分

コメントをありがとうございます。
手に汗握る感じが、堪らなく良かったです。

投稿: さくらスイッチ | 2013年3月11日 (月) 20時52分

ジョージー・クルー二ー・・・
「アルゴ」観たなこれ・・・。

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2016年8月 2日 (火) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97690/47726151

この記事へのトラックバック一覧です: 605 アルゴ:

« 604 ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | 605 ビル・カニンガム&ニューヨーク »